キャンプが街にやってくる
これまでのイベント
代々木公園で開催された、SHIBUYA CAMPに協力しています
2017.3.31 (金)
代々木公園で開催された、SHIBUYA CAMPに協力しています

3月11日(土)・12日(日)代々木公園パノラマ広場でSHIBUYA CAMPが開催されました。これまで9月に年1回の開催でしたが、今回3月と次回9月の2回開催予定で、さすがに3月の代々木公園は
まだ春には遠く、寒い一日でした。
15時訓練の説明からスタートし、次に自分たちのテントを設営するというプログラム。用意したテントは
ナバホTepee400。テントの設営は初めてという参加者も多かったのですが、1時間以内に無事完了し
次のプログラムへと進みます。

代々木公園は特別な許可を取らないとテントの設営は出来ませんので、ご注意ください。
黄色のパネルには被災した時に、自分がどういう行動をとればいいのか、体験をもとに書かれており、散歩する人たちも立ち止まって見られていました。
当日は寒かったので、焚火で暖をとりながら訓練が続きます。 

夕食として本場スペイン風パエリアが用意されました。本場仕込みのシェフが現場で焚火を使って調理されました。パエリアはキャンプでもよく作りますが、自分が今まで作っていたのはナニと思えるぐらいの美味しさで、気が付けば、おかわりしていました。
訓練は深夜まで続き、交代で夜警も行うハードなものでしたが、代々木公園で迎える朝体験はSHIBUYA
CAMPならでは。朝もやにナバホ柄が浮かび上がってキレイです。

早朝には温かいスープの炊き出しがありました。冷えた体にしみこむ感覚に心も癒されます。朝食後に全員でテントの撤収を行い、訓練は最終段階へと進みます。
<キャンプアドバイス>寒い時期は夜露と結露で、テントはぐっしょり濡れています。朝起きたらすぐにフライシートを外して乾かし、シュラフやマットも外で干しましょう。インナーテントも十分に換気して中を乾燥させることも忘れずに。最後にテントのボトムもキレイにしてから乾燥させましょう。
日曜日は渋谷区の防災ライフフェスタも開催されました。


印刷する